内閣府消費者委員会の調査によれば、日本の消費者の約6割がなんらかのサプリメントを使っていると報告されているなど、健康のためにサプリメントを使っている方はかなり多くなってきました。

 

また、別の調査では保険薬局を利用した方の半数以上が処方薬とサプリメントを併用しているとの調査結果も報告されています。

 

しかし、健康のために摂取しているサプリメントが薬の効果を強めたり弱めたりすることもあるようです。いったいどんな組み合わせに注意が必要なのか調べてみたのでご紹介します。

 

サプリメントは普段の食事で不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を補うのに手軽で便利なものですが、薬や病気の内容によっては、他の薬との飲み合わせが問題となることもあります。

 

もし、思い当たる方がいらしたら、かかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

 

 

 

 

※このコラムで紹介した情報は、一般的な知識のみを目的としたものであり、栄養素の効果・効能を保証するものではありません。
※専門的な医学的アドバイスや特定の病状に対する治療の代わりとはなりません。