ビタミンCには、コラーゲン線維の構築、コレステロールの代謝、老化の防止などいろいろな作用があります。
実は、食事から摂取するビタミンCの量は、年々減少傾向にあり、ビタミンCが不足している人が増えてきています。昔は「ビタミンCは不足することはない」といわれていましたが、近年ではストレスにさらされる機会も多くなり、ビタミンCを消費してしまう環境が増えています。さらに日常的に食べる野菜や果物の量が減ってきていることもビタミンCの不足に拍車をかけています。そのため、必要に応じて、サプリメントなどでビタミンCを補うことが重要になってきています。
 

 

 

ビタミンCは水溶性のためたくさん摂取しても排泄されてしまいます。そのため摂取する量よりも、摂取の仕方が大切になってきます。一般的に、ビタミンCは摂取して約3時間後に血液中でピークを迎え徐々に減少していきます。下の実験結果からみるとビタミンCを6時間くらいの間隔でこまめに摂取するのがよさそうです。ビタミンCを最大限活かすには、ちょうど、朝昼晩と食事の後にビタミンCを摂取するのをおすすめします。飲み忘れを防止することもできます。
 

もし、ビタミンCを1日1回摂取するなら寝る前が一番ビタミンCを活かすことができると思います。寝ている間は代謝が落ちるので体の中に長くビタミンCが滞在し、コラーゲン線維を合成するのに必要な成長ホルモンは眠っている間に分泌されるためです。
 

 

 

ビタミンCは1日に100mgが必要摂取量とされていますが、ビタミンCの著名な研究者である佐賀大学名誉教授 村田 晃先生は「ビタミンCの薬理作用を発揮させるには最低でも500~2,000mgは必要、常に体内にビタミンCを十分に蓄えていなければ、薬理効果が得られない。」とおはなしされています。
 

毎食後、スプーン1杯のビタミンCピュアクリスタルがあなたの健康と美容の維持をお手伝いします。
ビタミンCピュアクリスタルを食卓に。
健康と美容の新習慣です。

 

※このコラムで紹介した情報は、一般的な知識のみを目的としたものであり、栄養素の効果・効能を保証するものではありません。
※専門的な医学的アドバイスや特定の病状に対する治療の代わりとはなりません。